熊本 宇城ボーイズ オーナー・代表紹介


▼宇城ボーイズ オーナー(創設者)


名前:田尻 茂敏(たじり しげとし)

 

経歴:

1948年5月30日生まれ

熊本第一高等学校(現 開新高校)出身

ポジションは投手

 

1966年 サンケイアトムズ 6位指名にてプロ入団

1970年 読売ジャイアンツへ移籍

1974年 プロ引退

1981年に熊本 宇城ジャイアンツを設立

熊本ではじめての硬式少年野球チームの誕生です

 

『誠』(誠実・誠意・誠心)をチーム理念に、

野球を通して、まじめで、真心があり、嘘のない指導で子ども達の人生のお役に立ててれば幸いです。



▼宇城ボーイズ 代表


名前:坂本 和隆(さかもと かずたか)

 

経歴:

1962年11月12日生まれ

市立商業高校(現 千原台高校)出身

 

熊本 宇城ボーイズ 今年の目標は、

他チームと肩を並べられるまで成長すること!

 

宇城ボーイズの良いところは、

指導者・子ども・保護者が一体になって野球ができるところです。

野球だけじゃなく、挨拶、後片付けや人としての

あり方を学んでもらえる環境が整っています。

 

私の息子も小・中と宇城ボーイズでお世話になりました。

息子が小学3年生のとき、妻とふたりで、宇城ボーイズを見学に行き、その日に入部を決めました。

子どもながらに一瞬で、宇城ボーイズの良さを感じ取っていたのでしょう。『やりたい!』のことばに、私もすぐにOKしました。

 

田尻オーナーとは2005年に出会い、

曲がったことが嫌いで、まっすぐな人柄に惹かれ、

オーナーだけでなく宇城ボーイズもとても好きになりました。

 

また、入部した当時の息子は、どちらかというと、

運動が苦手で鈍い子でしたが、

宇城ボーイズで野球をしたお陰で高校も特待、

キャプテン、4番を打つまでに成長してくれました。

 

人生をも変えるキッカケとなった宇城ボーイズに、

そしてオーナーとの出会いに感謝し、

何か恩返しをしたい、そんな想いで田尻オーナーからの要請に承諾し現在、代表をさせてもらっております。

 

これからは、小学生・中学生の子ども達に、

野球を通して得られる素晴らしさを

伝えていけたらと考えております。



▼宇城ボーイズ 副代表(38期保護者会長)


名前:山口 哲也(やまぐち てつや)

生年月日:1982年9月4日生まれ

出身高校:北陵高校

得意なポジション:外野(レフト)

 =====================

⚾︎今年の目標

みんなが同じ方向をむいて野球を楽しむ!
\ONE TEAM/

=====================

⚾︎宇城ボーイズ(硬式野球)の良いところ

子ども達は、とても仲が良く切磋琢磨しながらも和気あいあいと日々野球を楽しんでいます。

そして指導者は、一人ひとり、その子に合った指導を優しく、熱心にしてくださり、子ども達が野球を通じて大人になるまでの行動(考動)までも熱意をもって接してくれます。

保護者もみんな仲が良く、そして楽しく!子ども達のことを全力サポートしています^^

=====================

⚾︎会長からのひとこと

宇城ボーイズにスイッチオン!みなさん、宇城ボーイズで一緒に野球を全力で楽しみましょう♪